ヘナ

ヘナって何?

ヘナはインドなどに自生する、ミソハギ科の植物です。 その葉を乾燥させ粉末状にした、天然素材のカラーリング剤です。

インドでは何千年も昔から、髪や肌を彩色したり、インド伝承医学
アーユルヴェーダでは、薬草として使われています。クレオパトラが髪や爪に塗っていたのは有名な話です。

現在でも髪や布を染めたり、薬草として使ったり、肌にヘナタトゥーとして使われています。

(愛知万博でも腕に書いてもらっていましたね)

100%のヘナで髪を染めると、鮮やかなオレンジ色になりますが、ヘナに様々なハーブをブレンドすることで、色の幅が広がっています。

ヘナの染まるしくみ

通常の化学染料の場合は、髪のメラニン色素を壊し、酸化染料が過酸化水素によって酸化され発色しますが、
ヘナの場合は髪の主成分であるケラチン(タンパク質)とヘナの主成分であるローソニア(タンニン)が結合して、
髪の内部で色を定着させます。

ヘナを続ける事で、高いトリートメント効果があり、ハリ・コシ・ツヤを補う事ができます。 また、くせ毛で広がりやすい髪がは落ち着きやすくなります。

ヘナは時間がかかる?

ヘナで染めるには、1時間以上置かなければ染まらないと言われるものがあります。

実は、本物の良質のヘナを使うと20分~30分程度で染まるのです。

時間がかかるものは、

1.産地の問題・・・インドのラジャスタン州ソジャトのヘナが最高級のヘナといわれています。それ以外の産地で採れたヘナだと、時間がかかってしまうことがあります。

2.収穫時の問題・・・ヘナの収穫に最適なのは、日本の季節で言うと秋。しかし収穫期以外の時期に収穫したものは時間がかかることがあります。

3.混ざり物の問題・・・ヘナは葉の部分しか染まりません。

なのに、葉をパウダー状に粉砕する時、茎や根が混ざっていたり、重量を増やすため砂などを混ぜている事も 多く、混ざり物が入ったヘナは染まりにくくなるのは当然です。

ただし長時間置くと色が深く入るので、化学染料の入っていないヘナなら、塗ったまま何時間置いても髪が痛む事はありません。インドなど現地では1日中塗ったまま過ごす事もあるようです。

ヘナで染めたら真っ黒になった!

この場合、ヘナにジアミン等の化学染料が入ったものです。

白髪にしっかりと濃い色を入れるために、化学染料の入ったヘナがあります。

白髪の多い部分以外に使うと、黒髪の部分がより黒くなり、元の地毛の色より黒っぽく感じます。

元の色に合わせてヘナを選ぶ事で、自然な色を出す事ができます。

ヘナはオレンジ色しかならない?

ヘナ100%で染めると、白髪の部分がオレンジ色に発色します。

白髪が少ない場合、メッシュっぽくなりおしゃれな感じになりますが、
多い場合は全体がオレンジになってしまいます。

Marthaで使うナチュラルヘナには、ヘナをベースに様々なハーブがブレンドされており、
自然素材だけでもオレンジ以外の落ち着いた色を出す事ができます。

また、化学染料を30%混ぜたヘナ(ケミカルヘナ)も使うことで、白髪をしっかりカバーできるので、
バリエーションが広がり、自分に似合う色を見つける事ができるでしょう!

ヘナでもかぶれることはある?

ヘナには大きく分けて「ナチュラルヘナ」(天然原料100%)と「ケミカルヘナ」(化学染料が入ったもの)が あります。

ケミカルヘナを使った場合、化学染料に含まれるジアミン色素にアレルギー反応を起こす方があります。

今までに染めた事がない方、以前かぶれた事がある方は、パッチテストをしていただく必要があります。
また、ごく稀に「ヘナ(植物)アレルギー」のある方があります。そばや卵などと同じように、
植物に対してアレルギー反応を起こしてしまうことです。

また、「かゆみ」を感じても赤く腫れ上がるなどのかぶれの症状がない場合は、
ヘナによって頭皮が活性化され、かゆみとして現れる場合で、かぶれているわけではありません。

ヘナのデメリット

ヘナには唯一弱点があります。それは、「黒髪を明るくする事ができない」ことです。

一般のヘアカラー剤は、染料とアルカリ剤(過酸化水素)で染色と脱色を同時にし、 黒髪を明るいブラウンに染める事が可能です。

しかしヘナには色素を分解することができず、タンパク質と結合して着色するだけです。

髪の色素を破壊しないってことは、髪が痛まないということでもあるのですが・・・。

そのため、全体に明るい色にしたい場合は、あらかじめブリーチ剤などで明るくしておく必要があります。

その上にヘナを重ねる事で、トリートメント効果があり、ヘアカラーのみで染めるより痛みにくくなります。

お客様のご希望に合わせて、様々な工夫をすることができますので、健康的にカラーを楽しみましょう!

「太陽と大地のヘナ」とは

Marthaで使用しているヘナは、インドのラジャスタン州ソジャトという産地での契約農家による
無農薬有機栽培のヘナの葉と、様々なハーブのブレンドにより作られています。

他に類を見ない種類の豊富さと質の高さを誇ります。

信頼の置けるインドの工場と専属契約をし、品質の安定、向上に努めています。

基本の色は14色あり、それらを組み合わせる事で似合う色を作り出す事ができます。

厳選した葉のみを使っているので、20~25分で染まります。

ヘナを塗る前につける「ヘナハーブオイル」はセサミオイル・アーモンドオイル・ヘナの実から摂ったオイルに32種類のハーブをブレンドして作られたアーユルヴェーダのオイルで、頭皮頭髪だけでなく全身に使う事が できます。

住所 愛知県名古屋市名東区香南1-322
ご予約 052-776-6660
営業時間 9:00~18:00

お店紹介

ギャラリーページへ

メニューをチェック

予約方法をチェック

営業日程

 

 定休日

 

To Page Top